施工事例

川西市 戸建 外壁 タイル(カルセラ)張り工事

施工事例

川西市の戸建のタイル張り工事です。

既存のサイディングの上にカルセラを張る現場です。
カルセラとは、紫外線による色の変化や色あせや品質劣化もなく、汚れも雨で自然に落ちるため、
一度貼るとメンテナンスの必要がなくなる優れた防汚性、また、しっとりとした重厚感の中に
格調高さや品格を感じさせ、自然の風景に溶け込み、人をほっとさせる温かみのあるレンガの
風合いの両方を兼ね備え、ぐっと軽く仕上げたタイルです。
今回張るカルセラは、二丁掛平227×65の実寸ですが、寸法的にはバラつきがあり、
逆に揃っていない形状がタイルのあじになっています。
専用のシゴキ材でタイル下地を作ってから、専用の接着剤で張ります。
目地は入れずに、接着剤があらかじめ着色されており、タイルのすき間から
目地を押さえて張っているように見せます。
お客様が玄関のアクセントにと検討され、今回の作業となりました。

【 ビ フ ォ ア ー 】
川西市戸建1川西市戸建2

【 ア フ タ ー 】
川西市アフター11川西市アフター22

リフォームのことなら、四季彩館へ!